セックスフレンドといい関係を築く方法

ベットに横になっている女性 体の関係だけと割り切って付き合うのがセフレ。
しかし、体だけの関係のはずが、どちらかが本気になったり、
恋人に関係がバレてしまったりというリスクもあるため、
関係を長く続ける事は非常に難しいです。
また、本命のセックスとセフレと行うセックスでは色々な違いがあり、
本命と行うセックスには「愛」があり、
セフレとは「相性・気持ち良さ」などしかありません。
そこで今回は、セフレとちょうどいい関係を続けるための方法を説明するので、
今セフレがいる方はしっかり頭の中にいれましょう。

深く探り合わない

セックスをするとはいえ、彼女でも彼氏でもありませんので、
相手の事を深く探るような行動は控えた方がいいでしょう。
あまりにも相手の事を知り過ぎたり、探っていたりすると、
いつか気になってきます。
そのような事になってしまえば一気に関係が崩れるので、
気持ちの切り替えが大事で、一緒にいる時間だけの事を考えましょう。

飽きさせないようなセックスをする

セックスだけ繋がっているセフレという関係はセックスで満足出来なくなると関係が終わってしまいます。
特に相手が女性に困っていない男性であれば、
一回一回のセックスを工夫する事が大事です。
なので、セフレ関係を続ける事で一番大事な事が「いつ会っても満たされるセックスをする事」です。
そのような満足のいくセックスをする事で、
相手も「手放したくない」と感じるはずですので、
セックスにズボラでは長く続きにくいですよ。

【まとめ】
セフレを関係を長続きさせる方法が理解できましたでしょうか。
セフレというのは関係になるまで長い期間かかりますが、
関係が終わる時には一瞬で終わります。
また、セフレとの関係を決して他人に離さない事です。
どんな親しい友人でも相手のとの関係を話してしまうと、
バレる可能性がありますので、
くれぐれも二人だけの内緒の関係で頻繁に会わないようにしましょう。