近所の人妻と不倫関係になってしまい…

スタイル抜群の近所の人妻と…

ホテルでセックスをしている光景 世の中の素人人妻はみんな尻軽です。
芸能人でも度々ニュースになりますが、
実際に所、僕の周りは誰でも不倫をしているような状況です。
中には不倫と言っていいのか、わからない関係の人もいますが、ほとんどが一人の女性を愛す事ができないようです。
そして、僕はまだ一度も不倫をしたことがありません。
妻という大切な存在や子供の存在のせいか、
他人には全く興味がありませんでした。
しかし、先週の金曜日、まだそんなに遅くない時間に、
仕事の飲み会から帰っている時の駅の階段で知り合いの高橋さんの奥さんが下りてきました。
年齢は30代半ばくらいかな?
スタイルも良く、笑った時のえくぼが可愛い人妻です。
前々から美人な女性だなと思っていて、お酒の力を借りて話しかけました。
話を聞けば、高橋さんの奥さんは高校のクラス会の集まりだったよう。
僕「そんな集まりなら三次会とか四次会とかあったんじゃないですか?」と聞くと、
「そうなんですけど、なんか期待外れで…」
と言い出した。
僕「え?何の期待をしていたんですか?」と問いかけると
「いやっ!!何でもないです!笑」と笑みを浮かべながら恥ずかしそうな表情をしました。
時間をさほど遅くなかった事あったので「一店くらいつきあってくれませんか?」とダメ元で聞くと、すんなりOK。
そして二人で街中を歩きながらお店を探していると、
週末という事もあってどこもいっぱい。
その時、たまたまラブホテルの入り口に着いてしまい、「いっそのことここで飲みます?」と冗談で聞くと、
「え?いいんですか?大丈夫?」とまさかの言葉。
そして、二人で自然な感じでチェックインして部屋に入り、ビールを飲みながらおつまみを食べる。
二人とも良い感じに酔っぱらっている時、僕は興奮を抑えきれなくなり、思い切って抱きついてしまいました。
腰回りに手を回りした瞬間の肉付きに感動し、
自然と胸に顔を押し当てる。
しかし、それだけで高橋さんは喘ぎ始めた。
こんなに簡単に声を出す人なんて…と思いながら徐々に色々な箇所を責めていきました。
もう僕は野獣です。
舌や手を使って高橋さんを何度もイカせて、
アクメさせました。
僕の方も色々と限界だったので、
たまらずゴムを装着して正常位で挿入しました。
最高にエロい高橋さんのアヘ顔に僕は我慢する事もなく大量に射精しました。
次の日の朝、高橋さんとばったり会い、悪戯っぽい目でチラッと見てきました。
これから先は楽しい人生になりそうです。